これまでに色々なトレード手法を試してみたのですがうまくいきません。どうすれば良いでしょうか?

トレード手法とは、簡単にいえば「勝つための型」みたいなものです。

 

バスケットボールでたとえるとシュートがよく決まるとされる見本のシュートフォームみたいな感じです。

トレード手法というのは相場の局面ごとに使えたり使えなかったりします。

 

というのも、その手法が使える条件といいますか、そのときの相場と相性が良いかどうかというものがあるんですね。大切なのはチャートから読みとれる事実を把握することです。

 

環境認識と呼ばれることもありますが、トレードでは「事実」と「予測」を分けて考える必要があるのです。 トレード手法とは、簡単にいってしまえば「予測」です。

 

手法をうまく使いこなすためにはチャートから読みとれる「事実」を把握する力も同時に求められます。

この力が弱いといくらトレードを繰り返しても勝てたり勝てなかったりといった現象が起こります。

結果、トータルでの期待値がゼロに収束してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。