よくあるご質問

 

はい、私もそうした時期を経験しています。

 

よく巷で販売されている商材の種類は主に2つに分類することができます。

「トレード手法」「トレードツール」です。

 

トレードツールは、EAなどの自動売買に関するものや、インジケーターおよびトレード環境(MT5などのプラットフォーム)を拡張するためのシステムになります。

 

また、トレードには大きく2つのやり方があります。

「裁量トレード」「システムトレード」です。

 

裁量トレードは自分で売買判断をしていく技術が必要となります。

システムトレードはシステムで自動売買するものです。

 

システムトレードをするにしても、安定して稼ぎ続けるためには裁量トレードの知識が必要となるため裁量トレードに関する内容が中心です。

 

相場状況に合わせてそのとき最適な手法を選択する必要があります。

あるいは、相場の原理原則に則ったトレード手法を構築する必要があります。

なので、これまで手に入れてきた手法はけっして無駄にはならないはずです。(内容にもよります)

トレード手法とは、簡単にいえば「勝つための型」みたいなものです。

 

バスケットボールでたとえるとシュートがよく決まるとされる見本のシュートフォームみたいな感じです。

トレード手法というのは相場の局面ごとに使えたり使えなかったりします。

 

というのも、その手法が使える条件といいますか、そのときの相場と相性が良いかどうかというものがあるんですね。大切なのはチャートから読みとれる事実を把握することです。

 

環境認識と呼ばれることもありますが、トレードでは「事実」と「予測」を分けて考える必要があるのです。 トレード手法とは、簡単にいってしまえば「予測」です。

 

手法をうまく使いこなすためにはチャートから読みとれる「事実」を把握する力も同時に求められます。

この力が弱いといくらトレードを繰り返しても勝てたり勝てなかったりといった現象が起こります。

結果、トータルでの期待値がゼロに収束してしまいます。

はい、私にも経験があります。 当時の私は怒りが最高潮に達した数秒後、ため息とともに人に伝えることをあきらめました。

 

今思えば、経験していない人の言葉を真に受けなければ良かったな、と思います。

 

世の中にある商品やサービスのほとんどは、必ず人から人へ提供されています。

つまり、どんな人でも何かしら人と関わり合って生きています。

 

現代社会は情報が氾濫していますので、なんとなく人から見聞きした話しや広告、ポジショントーク、デマ、マウント合戦をかいくぐりながら生き延びなければなりません。でなければ個性的に生きることなどできません。

 

好きなことで生きることとは個性を発揮することです。

 

街中になるほど情報ストレスはとくに顕著になります。

バスや電車で観察してみてください。

みんなスマホをさわっています。

 

トレードに関する活動をとおして、個性や技術を育成することが当サイトの目的の1つです。

未定です。 トレード手法を販売すれば、いくらかの小銭を稼ぐことはできるでしょう。しかし、長期的にみたときそれが私に利益をもたすかどうかはまだ私には定かではありません。

 

バスケットボールをたとえにあげますが、NBA選手が教えるバスケットボールのシュート講座を見るだけでは、きっとシュートはうまくならないと思います。

 

学習→実践→改善

 

この繰り返しによって技術は成熟し、上達していきます。

トレードにもこれと同じことがいえます。

 

ほぼ99%のトレード関連商材は知識の提供です。

つまり、「学習」のステージです。

 

あなたがこのステージにいるときは、自分に合った学習環境で知識を得ることが何よりも重要です。YouTubeなどでみられるものは、トレード経験もさまざまな不特定多数の視聴者に対して発信されているものです(良いコンテンツもあります)。

 

必要なものを選び、不要なものを捨てることが大事。

はい。初心者の方にもシンプルにわかりやすく順番にステップをお話ししていきます。

初心者の頃の気持ちを忘れないために、こうしたサービスを始めたのも理由の1つです。

 

専門用語を使わない場合、たとえ話しを交えながらトレードについてお話しすることはできると思います。

その際、お仕事や趣味などをお伝えしていただけると、共通認識できる範囲が広がりますのでお互いに会話がスムーズになるかと思います。

 

また、専門用語は使っていくうちに覚えていくものですので、とくに心配する必要はないでしょう。

 

ひとつひとつステップを進んでいけば、初めは分からなかったことも実感としてわかるようになってきます。

言葉の意味などもお気軽にご質問ください。シンプルにわかりやすくお伝えできるようにつとめます。 私も知らない専門用語はたくさんありますので安心してくださいね。

はい。

 

「受付可能」となっている場合はそのままお電話ください。ご予約の場合は「予約して電話する」ボタンを押して通話方法(アプリ、電話)と決済方法(クレジットカード情報)を選択してください。

 

電話相談サービスの流れ
https://coconala.com/smartphone/pages/guide_phone

はい。テキストだけでは伝えきれない部分もあるかと思いますが、思い出せるかぎりで大丈夫ですので、これまでのトレード経験のなかで体験したことをまとめてみてください。

 

たとえば、どのように普段トレードしているのかというトレード戦略についてや、「こんなときにうまくいった!」「こんなときに失敗した!」などのトレード体験談をまとめておくと、自分のトレードを客観的に把握できるようになりますので役立つと思います。

 

※こちらにメッセージいただくとお電話の際にスムーズにお話しを進められますが、私に伝えるというよりも、ご自身で自分のトレードの特徴を把握しておくことの方が大切です。

 

トレードについての共通認識を作る上では、これまでのトレード体験をお伝えいただけると本質的な回答ができるかと思います。

 

※トレード内容を言語化して人に伝えるのは難しい場合もありますのでお任せします。